何これ Edit

PDK のデータ更新定義ファイル (index.fet) 生成ツール FindF と同等の機能を CGI スクリプトとして実装したものです。 ネットワーク更新時、Chararina が index.fet にアクセスした時にディレクトリをスキャンし、内容を動的に出力します。

必要なもの Edit

  • Perl
  • Digest::MD5 (md5 形式での出力が必要な場合: 推奨)

使い方 Edit

  • ファイル名を index.fet にリネームして使用してください。
  • Web サーバに index.fet を CGI として動作させる設定が必要です。 Apache 等であれば .htaccess をいぢれば可能かと思われます。
  • 記述例:
    <Files index.fet>
    	SetHandler cgi-script
    </Files>

各種情報指定ファイル Edit

.fet_nextupdate Edit
  • 次回更新日時指定ファイル
    • UPDATE = DATE TIME
    • DATE = [ ○年○月○日 | 毎週○曜日 | 毎月○日 ]
    • ○年○月○日 = 2006/01/23
    • 毎週○曜日 = WEEKLY Sun
    • 毎月○日 = MONTHLY 23
    • TIME = 01:23
.fet_dataset Edit
  • データセット指定ファイル
    • フォルダ名を改行区切りで列挙

注意 Edit

  • ペルソナウェア 2002 から採用された md5 形式での出力を行うには別途 Perl モジュール Digest::MD5 が必要です。(モジュールが存在しない場合は自動的に旧形式での出力となります)
  • md5 形式での出力が不要な場合には Digest::MD5 は必要ありません。現状の Chararina は旧形式での出力も正常に理解します。

ダウンロード Edit

See Also Edit

要検証 Edit

  • 出力するディレクトリのサイズは?

FrontPage