#include(Template/Stub,notitle)

#contents

* 制御構造 [#o94eb9d8]
** if [#fdfc4705]
- {if:'''expr1'''='''expr2''';then:'''script1''';else:'''script2'''}
- '''expr1''' と '''expr2''' が等しければ '''script1''' を、そうでなければ '''script2''' を実行する。
- 
#highlight(sprict:nogutter:nocontrols){{
{if:{$hoge}=moge;
    then:
        hoge is moge.;
    else:
        hoge is not moge.
}
}}

- ==, !=, >, >=, <, <=
** choice [#deff5973]
- {choice:'''item1''':'''script1''';'''item2''':'''script2''';...}
- 
#highlight(sprict:nogutter:nocontrols){{
{choice:
    これ:
        これですか。;
    それ:
        それですか。;
    あれ:
        あれですか。;
    どれ:
        どれですか。;
    @cancel:
        キャンセルされました。;
    @timeout(5):
        タイムアウトしました。;
}
}}
** () [#ue8909c7]
- {('''aaa|bbb|ccc''')}
- | で区切られた文字列のうちどれか 1 つを実行する。

** quick [#iaf4842d]
- {quick:'''script'''}
- '''script''' をトークウェイトなしで実行


* 変数 [#k341c00c]
** スクリプト変数 [#pd4bf702]
- {$'''name'''='''value'''}
- スクリプト変数 '''name''' に値 '''value''' を格納。
-- '''value''' はスクリプトとして評価される。

- {$'''name'''}
- スクリプト変数 '''name''' の値に置換される。


** 外部変数 [#j1d80efa]
- {%'''name'''}
- 綾織側から割り当てられた変数の値に置換される。


* コマンド [#r2317b19]
- {} で囲まれた文字列はコマンドとして解釈される。
- コマンド名は case insensitive
- 何らかの処理を実行後、処理結果に置換される。


** username [#x1d29257]
- {username}
- ユーザの呼称を出力する。

** sw [#y303adb2]
- {sw} / {sw:'''winname'''}
- スクリプト実行結果の出力 (ex: メッセージ出力、画像セット変更) ターゲットを '''winname''' ウィンドウに移す。
- '''winname''' が指定されない場合はメインウィンドウ

** img [#g33fe2e3]
- {img:'''name'''}
- 画像セット (see [[Surface>MX kernel 6/Surface]]) を '''name''' に変更する。

** pput [#l2fa75e5]
- {pput:'''key'''='''value'''}
- プロパティ '''key''' に '''value''' をセットする。

** pget [#u0c4a2d7]
- {pget:'''key'''}
- プロパティ '''key''' の値を得る。

** seqNext [#fa66153b]
- {seqNext:'''n'''}
- 現在のセクション・オプションの次シーケンスを '''n''' にする。

** wait [#o0509d0f]
- {wait:'''ms'''}
- '''ms''' ミリ秒待つ


#highlight(end)
----
[[MX kernel 6/SPRICT>開発メモ/MX kernel 6/SPRICT]]